I Story
鰻屋の炭の悩みを解決する信頼

創業90年以上の歴史ある鰻卸問屋が手掛ける

中庄の炭

それは、
鰻の卸売業から
始まった。

創業90年以上にもなる中庄商店は、鰻の卸売業からその歴史が始まりました。代々継承されて来た目利きの技術は、鰻、淡水魚にとどまらず、四代目となった現在は、和牛、マグロ、ジビエ等の卸業も手掛けその事業範囲を拡大しています。
闇雲に取り扱い品目を増やすのではなく、しっかりと一つひとつの食材の生産者と対話し、想いを共有することで得たモノのみを取り扱っています。
中庄商店が、今も昔も良質な食材を皆様にお届けできるのは、こういった生産者の方々の想いを乗せてお届けしているからだと自負をしております。

中庄商店の強みは、中庄グループとして飲食店事業も行うことで、直接その食材を口にされているお客様の反応をすぐに把握する事が出来る所にもあります。
つまり中庄商店で取り扱いを開始している時点で、マーケティングテストが終わり、その商品がお客様に受け入れられ喜んでいただけるものだと確信して、取扱っているのです。中庄商店は消費者を笑顔にする商品をお届けしています。

それは、
鰻の卸売業から
始まった。

創業90年以上にもなる中庄商店は、鰻の卸売業からその歴史が始まりました。代々継承されて来た目利きの技術は、鰻、淡水魚にとどまらず、四代目となった現在は、和牛、マグロ、ジビエ等の卸業も手掛けその事業範囲を拡大しています。
闇雲に取り扱い品目を増やすのではなく、しっかりと一つひとつの食材の生産者と対話し、想いを共有することで得たモノのみを取り扱っています。
中庄商店が、今も昔も良質な食材を皆様にお届けできるのは、こういった生産者の方々の想いを乗せてお届けしているからだと自負をしております。

伝統を受け継ぎ、
革新的な取組へ。

中庄商店の二代目菊川が作った鰻家のオープン時の写真です。国道22号線沿いに立っていたこの大きなオブジェ、東海地方ご出身で40代以上の方には懐かしく思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
巨大鰻が上下に動くこのオブジェは、家一軒建てるほどの制作費がかかったそうです。このスケールの大きさやチャレンジ精神は現代にも受け継がれ、今もなお成長を続けています。

Our Spirit
食材へのこだわり

伝統の技術だけではない、中庄商店の歩み

中庄商店の強みは、中庄グループとして飲食店事業も行うことで、直接その食材を口にされているお客様の反応をすぐに把握する事が出来る所にもあります。
つまり中庄商店で取り扱いを開始している時点で、マーケティングテストが終わり、その商品がお客様に受け入れられ喜んでいただけるものだと確信して、取扱っているのです。中庄商店は消費者を笑顔にする商品をお届けしています。

さらにがる事業展開

鰻・スッポン・淡水魚にとどまらず、新たな事業を広げています。

日本の伝統を継承していく為にも、取り扱い品目も順次増やしています。古くからの慣習が残り旧態依然とした部分の多い業界であり、ともするとこの先消えていってしまうような食材もあります。
中庄商店では、卸問屋としての目利きで、生産者から直接話を聞き、直接消費者の感想を伝えながら、時代に合わせた新たな取り組みにも挑戦して行きます。